シャンプーは頭皮や頭髪、肌に悪い!?

シャンプーは頭皮や肌に悪い!


ということは、少しでも肌のことやスキンケア、自然環境に興味のある人なら常識ですね。多くのシャンプーには石油から作られた石油合成界面活性剤や石油合成色素、強力な殺菌剤など肌や頭皮、頭髪をとっても傷つける成分が含まれているからです。

とくに界面活性剤はシャンプーの洗浄力の主成分です。それが石油由来だと強すぎる洗浄力と残存性で洗っても肌に残って傷つけますし、流れた後は河や海などの水質まで汚染します。


頭皮が傷つけば当然、ヘアケアにも影響します。薄毛や細毛などもシャンプーの悪影響かもしれません。顔だけ乾燥肌の人もシャンプーの影響が指摘されています。

シャンプーをするときは、洗顔前にすると良いでしょう。洗顔後は、皮膚のカバー力が落ちています。そこに洗浄力の強いシャンプーが流れてくることで、皮膚の薄い顔が影響を受けてしまうのです。洗浄力の強い市販のシャンプーを使用していれば、なおさらその皮膚への負担が大きくなります。


ですからシャンプーを低刺激にすることで、肌のトラブルや毛髪のトラブルを予防することができる場合があります。
ちなみに最近は弱酸性シャンプーが低刺激と宣伝されたり、さまざまな保湿成分配合が宣伝されていますが、弱酸性というだけでは本当の低刺激ではありませんし、保湿成分がいくら含まれていても、低刺激でなければ肌や頭皮、頭髪を傷つけてしまうので、これもまた意味がありませんので、ご注意ください!!石油合成界面活性剤や殺菌剤、合成色素が含まれていないことの方が肌に大切な要素なのです。

おすすめシャンプー
ゲルアミノシャンプー<EX>



低刺激な天然ゲル・アミノ酸が頭皮の汚れと臭いまで洗う弱酸性シャンプー。リンスがなくてもしっとりやさしい洗いあがり!

・弱酸性低刺激・石油系の合成界面活性剤は不使用

・リンス不要のノンリンスタイプ・かゆみやフケにもおすすめ

・乾燥肌・超乾燥肌・トラブル肌・敏感肌・超過敏肌

・アトピー・赤ちゃん・子供の肌荒れ・かぶれやすい方も安心!

・アレルギー検査を実施済み(すべての人にアレルギーがでない訳ではありません)


■情報提供 ナチュラルウェブ
[PR]
by naturalwebshop | 2005-05-07 14:55 | シャンプー・ヘアケア
<< 素肌に理想の低刺激美容液ファン... 美容・健康・肌ケア・スポーツ・... >>