国立研究開発法人発表 マグネシウムで心疾患リスク低下

国立研究開発法人発表 マグネシウムで心疾患リスク低下



国立研究開発法人の国立がん研究センターと国立循環器病研究センターが、マグネシウム摂取量と虚血性心疾患発症が関連しているという研究報告をしています。


下記は一部抜粋

※ミネラルのなかでも、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどを多く摂取することは、循環器疾患を予防することが報告されてきました。

※男性では、食事からのマグネシウム摂取量が一番少ないグループに比べ、摂取量が一番多いグループで、虚血性心疾患の発症リスクが34%低いという結果が認められました。


※マグネシウムの欠乏は、血圧上昇や動脈硬化など、複数の虚血性心疾患リスクと関連するため、これらのことがマグネシウム摂取による循環器疾患の予防効果として考えられます。
国立がん研究センターより


などが記載されています。 食事からのマグネシウムということですので、サプリメントで摂取する場合でも食事に近い天然系のマグネシウムが良いでしょう。

マグネシウム情報 



マグネシウムの働き
ドクターもおすすめマグネシウム

体内のマグネシウムなどミネラル量の簡単計測検査
歯科医師による口腔内菌数のコントロール


ドクターお勧めマグネシウム


吸収がよく安心なマグネシウム製品
美容健康にマグネシウム製品

入浴用マグネシウム

マグネシウムサプリマグネシウム滴下サプリ

マグネシウム歯磨き粉




杏林予防医学研究所検定品ニューサイエンス


吸収がよく安心なマグネシウム製品




マグネシウム多くとれば心筋梗塞リスク減ヤフーニュース

元の国立がん研究センターページ
http://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/press_release_20170908.html


安心マグネシウム高品質サプリ

[PR]
by naturalwebshop | 2017-09-28 11:11 | 健康情報
<< 飲む日傘 ニュートロックスサン... 簡単じーんと温まる足冷えにフジ... >>