乳酸菌は生きて腸に届かないと意味ない?

乳酸菌は生きて腸に届かないと意味ない?



よく、生きて腸まで届く乳酸菌という言葉を聴くと思います。乳酸菌は人の腸内にいて、それを補うために摂取するからでしょう。たしかに生きた乳酸菌も重要なのですが、乳酸菌は胃腸の中で胃酸や胆汁酸に殺菌され手しまうことが多いです。これらに強い乳酸菌の場合はある程度生き残れますが、でも乳酸菌は必ずしも生きていなくてもいいのです。


死んだ乳酸菌、殺菌乳酸菌は人の腸内にいる乳酸菌の餌となり、今いる乳酸菌を増やしてくれるからです。
生きている生菌か死菌かで、乳酸菌によって効果は変わることもあるようなので、すべて死菌でよいというわけではないのですが、死菌も役に立つということです。



高品質乳酸菌
アトピー、アレルギーから美容健康アンチエイジングに人気。

植物ラブレ菌(生菌)と植物ナノ型乳酸菌SNK(死菌)と酵母菌のサプリ安心無添加




乳酸菌とは

高品質乳酸菌


乳酸菌 マルチバイオティクス


植物ラブレ菌と植物性ナノ型乳酸菌SNKとブラウディ酵母菌の乳酸菌サプリ安心無添加



[PR]
by naturalwebshop | 2018-01-30 11:15 | 健康情報
<< 大豆レシチン 100%天然 無... 冷えと美容に人気のしょうがと紅... >>