カテゴリ:上手なUVケアのために( 4 )

紫外線の量 季節による変化

紫外線の量 季節による変化



季節による紫外線量

夏に多いのは当然ですが、冬の乾燥で肌が弱っていて
急に紫外線が増える3月、4月、5月も要注意な季節です。


紫外線の量は、紫外線の強さとその時間の長さです。
紫外線の強さは1年で6月から8月がもっとも強いです。

また、高地ほど紫外線は強くなりますし、場所や天候によっても量が変わります。



詳しくはこちら

紫外線の量 季節による変化





紫外線対策UV-AUV-B紫外線情報SPF、PAとは


肌のしみ 原因対策上手な洗顔方法
肌荒れ肌乾燥  敏感肌の原因と対策
肌トラブル別アドバイス/スキンケア化粧品

赤ちゃんも使える低刺激日焼け止めクリーム

日焼け止めサンシールドゲル




お得なサンシールドゲル送料無料セット特価



石鹸/低刺激日焼け止め/美白化粧品/UVカットコスメ
スキンケアUVカット美容液リキッドファンデーションスキンケアUVカットコンシーラー

スキンケアUVカット美容液パウダリーファンデーション



今日の紫外線情報
気象庁紫外線の基礎知識


しわ対策化粧品・しわ対策サプリメント・おすすめグッズ
しわ・たるみ・ほうれい線対策情報活性酸素対策
しわ、たるみ、ほうれい線対策に人気表情筋トレーニングパタカラほうせい線トレーニング

クレンジング /
化粧水 /
クリーム /美容液 / 美容原液/ナチュラルウェブ スキンケア


ラ・シンシア化粧品マリンゲルシリーズ

ラシンシア化粧品インターネット正規販売店

[PR]
by naturalwebshop | 2011-05-02 13:16 | 上手なUVケアのために

1日の時間帯による紫外線量の変化

1日の時間帯による紫外線量の変化
1日の紫外線量のピークは12時前後ですが、朝でもかなりの量が地上に届いています。特に波長の長いUVAは、朝の7時といった早い時間から、急激に上昇していきます。UVAはガラス越しにもお肌に届きます。


1日の紫外線の量の変化UVAとUVB時間帯ごと


季節による1日の紫外線量の変化など
詳しくは1日の紫外線量の変化

参照:UVケア紫外線


関連情報

UVケア紫外線情報紫外線情報肌のしみ対策
紫外線量 季節による変化
UVカット日焼け止めの目安SPF・PAとは

場所による紫外線量の変化
天候による紫外線量の変化
1日の紫外線量の変化
UV紫外線対策


上手な洗顔方法肌荒れ肌乾燥敏感肌の原因と対策
活性酸素消去対策




肌のしみ 原因対策上手な洗顔方法
肌荒れ肌乾燥  敏感肌の原因と対策
肌トラブル別アドバイス/スキンケア化粧品

size=4>赤ちゃんも使える低刺激日焼け止めクリーム
日焼け止めサンシールドゲル


お得なサンシールドゲル送料無料セット特価

石鹸/低刺激日焼け止め/美白化粧品/UVカットコスメ
スキンケアUVカット美容液リキッドファンデーションスキンケアUVカットコンシーラー
スキンケアUVカット美容液パウダリーファンデーション

今日の紫外線情報
気象庁紫外線の基礎知識

しわ対策化粧品・しわ対策サプリメント・おすすめグッズ
しわ・たるみ・ほうれい線対策情報活性酸素対策
しわ、たるみ、ほうれい線対策に人気表情筋トレーニングパタカラほうせい線トレーニング

クレンジング /
化粧水 /
クリーム /美容液 / 美容原液/ナチュラルウェブ スキンケア


[PR]
by naturalwebshop | 2011-04-28 13:25 | 上手なUVケアのために

素肌に理想の低刺激美容液ファンデーション(リキッド)

素肌に理想のファンデーションは?



1・素肌に負担が少ないこと

ファンデーションは毎日素肌に長時間つけることが多いですね。だから低刺激であることが一番大切です。実はファンデーションなどのメイクアップ品は日本人女性の肌荒れの大きな原因となっているほど。でも低刺激な製品を選べば肌を守ることにもなりますから、上手に自分に合った低刺激メイクアップ化粧品を見つけましょう。

▼低刺激な条件

 ▼低刺激素材を使用

  ・肌を傷つける素材を含まないこと

  ・肌を傷つける素材

  ・石油合成界面活性剤

  ・石油合成色素

  ・香料

  ・アルコール



 通気性が良いこと(オイルやワセリンでないこと)

  薄塗りでもしっかりとメイクができれば通気性が良くなります。

  厚塗りメイクは肌トラブルの元。絶対に止めましょう。

 紫外線を防ぐこと

 肌乾燥やシワ、シミの元の紫外線もカットしてくれるとなお良いですね。

2・うるおいを保つスキンケア効果があること

良質の美容成分を含む

肌に必要な美容成分が含まれているとなおよいでしょう。でも、低刺激でない製品にいくら美容成分が含まれていても意味がありません。美容成分をいくら与えても、それ以上に肌を傷つけてしまうことにもなるからです。


▼おすすめ ファンデーション
モイスフィットファンデーションUV
 「詳細



素肌に自然とやさしくなじんで化粧崩れが少ない理想の素材「天然ゲル」を使用したリキッドファンデーション

とてもなめらかで軽くて薄付き。スキンケア&美容液タイプのファンデーション



・オイル、ワセリンを含まず通気性が良いから長時間でもさらっと使える

・ヒアルロン酸・天然ビタミンEなど美容成分配合、だからノーメイクのような薄付きでも保湿力は抜群

・合成色素・アルコール・香料・合成界面活性剤等は含まず。
・しみ、そばかすを防ぐ紫外線カット SPF15 PA+

・カラーが混ぜられるからオリジナル色も作れる



肌老化(エイジング)をすすめがちな厚塗りとさよならしましょう!





全6色

ライトナチュラル…明るい肌色、色白の方に

ナチュラル…イエローベースの自然な肌色

ピンク…ピンクベースの自然な肌色

ベージュ(オークル)…イエローベースの濃い目の肌色

【コントロールカラー】部分使用にも使えます。

グリーン…赤みが気になる方に

ムーンイエロー…シミ・クスミが気になる方に


簡単お得に試せるお試し用・携帯用も全色あります



■使い方もいろいろ

★ライトナチュラルは、肌色をワントーン明るくします。ハイライトカラーとしてもお使いになれます。

★ピンクはやさしい赤みをプラスして、明るくイキイキとした印象を与えます。

★グリーンは気になる肌の赤みをカバー、さえた肌色にします。

★ムーンイエローはにきびの赤みや痕に、くすみやシミのカバーに、他のファンデーションと混ぜて、より自然な色にすることができます。



・乾燥肌・トラブル肌・敏感肌・アトピー・かぶれやすい方も安心!

・アレルギー検査を実施済み(すべての人にアレルギーがでない訳ではありません)



詳細を知りたい!購入したい方は「ここ」モイスフィットファンデーションUV


通気性がよく素肌に低刺激でよくなじむ天然ゲルをベースにしたリキッドファンデーション【モイスフィットファンデーションUV】 ノンオイル、ノンワセリンだからさらっと薄塗りでもしっかりメイク。だから長時間使用しても肌が息苦しくなりません。 紫外線もカット(SPF15PA+)てし、ヒアルロン酸が乾燥から肌を守るスキンケアタイプ。無香料・無合成色素・アルコール含まない低刺激タイプ。・カラー:全6色 敏感肌・乾燥肌の方にもおすすめです。



情報提供 ナチュラルウェブ


素肌に理想の天然ゲルメイクアップ

全身用保湿クリーム:ATPリピッドゲル 全身用保湿ローション:ATPゲルローションサンプル無料プレゼント中


人気の天然ゲル保湿クリームATPリピッドゲル100g 4935円 送料無料!さらにお得な会員特価やセット割引もございます。


[PR]
by naturalwebshop | 2005-05-13 18:52 | 上手なUVケアのために

肌のしみ、しわ、たるみ、ニキビの原因・紫外線から肌を守る


紫外線警報上昇中!

UVケア・紫外線情報・・・
紫外線と上手につき合うために


肌乾燥の季節、冬が終わって、春が来るとほっとする女性は多いでしょう。でも、ご存知ですか?1年のなかでも春は紫外線がかなり強い時期なのです。下の表をご覧ください。




この表は1年間の紫外線の量と強さを表わしたものです。意外にも4、5月の紫外線量が多いのがわかると思います。しかも、冬の乾燥で肌が弱っている状態の人も多いですから、紫外線には十分に気をつけましょう。

対策としては日焼止めを使用することが有効です。他にもさまざまな工夫をすることで紫外線をなるべく避けることができます。

しかし、紫外線防止用の日焼止めクリームも種類がたくさんあります。低刺激タイプを使用しないと、紫外線の害を防いでも反対に日焼止め自体が肌を傷つけてしまいますのでご注意ください。日常的に使用する日焼け止めクリームは必ず低刺激タイプを選びましょう。

炎天下でもない限りSPF値はそれほど高くなくても大丈夫。低刺激ではない日焼け止めはSPF値が高いものほど肌への負担もかなり大きくなるので注意!!


紫外線予防法:正しい予防で肌を守る!


・一日で紫外線の量が一番多いのは、AM10:00~PM2:00の時間帯



外出する際は日傘や帽子でガードすることをお忘れなく。

ただし、アスファルトの道路上では照り返しで、プラス約5%の量の紫外線を浴びているといわれています。
ですから日焼止め、紫外線防止クリームは必要です。

・紫外線を通しにくい色ってご存知ですか?
白より濃い色の方が通しにくいとされています。できるだけ濃い色の服を選ぶと良いでしょう。

・睡眠不足や肉体疲労が続くと体の機能が低下
肌にまで栄養が行き渡らなくなると、紫外線の影響を受けやすくなりますから予防をしても効果は半減。充分な栄養と睡眠を取りましょう。

・日焼け止めは図を参考に、より効果的に使いましょう。

・浴びやすい部分には重ね付けすると効果的!
・紫外線量の多い時期、強い時期、時間帯なども知って正しく予防しましょう。


情報提供ナチュラルウェブ
◆紫外線対策に お試し用はここ
日焼止めクリーム 低刺激で超敏感肌・赤ちゃんも使えるのにSPF40の最高クラスの紫外線カット力

サンシールドゲル くすみの元まで洗える低刺激クレンジング付き SPF25のライトもあり

ファンデーション 肌にやさしい低刺激 & ヒアルロン酸など美容液配合
モイスフィットファンデーションUV/ナチュラルフィニッシングUV/モイスフィットカバーアップベース



◆日焼け後のケア しみ・くすみ・メラニ対策・美白に
美白クリーム
クリアホワイト<EX>/クリアホワイト<EX>M
美白美容液
クリアエッセンス<EX> /SE100スーパーエッセンスのNo4・またはNo6
・クレンジング・マッサー
クレンジングジェル<EX>/ソニックジェル

しわ・たるみ・整肌用クリーム
ATPリピッドゲル/アイリフトゲル
・しわ・たるみ・整肌用美容液
リンクルエッセンス<EX>/SE100スーパーエッセンスのNo1・またはNo2/ナイトエッセンスパック<EX>
ニキビ ローション
エッセンスローション<EX>L/OSスキンローション
・ニキビ用美容液

SE100スーパーエッセンスのNo5/ドライエッセンス<EX>

体の中から紫外線対策

サプリメント 健康美容茶



肌のトラブル 肌のしくみや乾燥肌、敏感肌の原因、生活改善・肌質別スキンケア法など

[PR]
by naturalwebshop | 2005-04-05 16:53 | 上手なUVケアのために